SK仙人のブログ

日々の感動を思いつくままにアップして参ります。

夏の箱根明神ヶ岳を歩く

f:id:sksennin:20180716041211j:plain

                       駒ヶ岳方面をバックに

今年は梅雨明けが早かったが不安定な天気でにわか雨の多い日が続いている。

7月10日は天気が安定しているとの予報なので3月の金時山以来で箱根明神ヶ岳まで出かけた。大涌谷方面が有毒ガス発生で入山規制が長く続いているのでここのところ外輪山歩きとなっている。

朝の登山口は気温20度で快適だ! 頂上でも気温25度で風が気持ちいい。定番の炊飯で遅い朝食(昼食兼用)ではビールで一人乾杯。

残念ながら富士山ビューは叶わなかった。

【コースタイム】

 宮城野支所前(登山口バス停)7:00~ 鞍部8:40~ 山頂9:30 下山11:20~

 宮城野バス停13:00

【写真説明】

左から 登山口にあるアユの水槽 大涌谷方面 鞍部にて 金時山方面

下段  食事風景 頂上でのスナップ

f:id:sksennin:20180716160430j:plain f:id:sksennin:20180716160637j:plain f:id:sksennin:20180716160802j:plain f:id:sksennin:20180716160941j:plain

f:id:sksennin:20180716173132j:plain f:id:sksennin:20180716173523j:plain

                           

 

 

浜名湖ツーリング ハマイチを走る!

f:id:sksennin:20180520095708j:plain

                                                                      遊覧船から浜名湖パルパル方面

浜名湖舘山寺温泉で4年半ぶりに旧会社OB仲間との親睦会があった。

5月17日・18日の両日とも雨は降らない天気予報だったのでハマイチツーリングの途中で同期会へ参加するという計画をたてた。

ホテルの夕食はウナギのかば焼き食べ放題ということで、浜名湖と云えば「鰻」ということになりますが、はたしてどんな鰻なのか?

ハマイチの距離はどのコースでもほぼ70km前後、今回はJR東海道線新居町駅からスタートしJR鷲津駅をゴールとして出発。

途中の瀬戸港から舘山寺温泉まで遊覧船でホテルに戻り、翌朝メンバーと別れ再び瀬戸港まで海上を渡り後半を走った。

ほぼ予定通りの走りであったが、浜松市側と湖西市側のサイクリングロードの整備に格段の差があり、浜名湖も琵琶湖(湖東側と湖西側)と同様に全ロードが完全に整備されてなかったのは残念であった。

◆コースタイム

 5/17(木)・・・1日目

  新居町駅9:15 →舘山寺10:30 →瀬戸港13:00 →舘山寺港13:30  →

  ホテルチェックイン14:30

 5/18(金)・・・2日目

  ホテル8:15 →舘山寺港9:00 →瀬戸港9:45 →猪鼻湖9:50 →鷲津

       駅ゴール11:30

【走行距離】  5/17(1日目):41.0km

        5/18(2日目):26.0km

【写真説明】 

    上段左から、スタート新井町駅、ガーデンパーク付近、温泉ホテルと舘山寺

 中段左から、フラワーパーク港、東名高速、湖畔の公園、瀬戸港にて

 下段左から、遊覧船にて、ホテルにて仲間と、猪鼻湖、JR鷲津駅

f:id:sksennin:20180528092804j:plain  f:id:sksennin:20180528093015j:plain  f:id:sksennin:20180528093123j:plain  f:id:sksennin:20180528093641j:plain f:id:sksennin:20180528093802j:plain  f:id:sksennin:20180528110735j:plain  f:id:sksennin:20180528110837j:plain  f:id:sksennin:20180528094302j:plain

f:id:sksennin:20180528094426j:plain  f:id:sksennin:20180528094805j:plain  f:id:sksennin:20180528094922j:plain  f:id:sksennin:20180528111340j:plain

 

北陸ツーリング Part1 雨晴海岸から能登島を走る!

f:id:sksennin:20180427044822j:plain

                       和倉温泉の幻想的なモニュメント

昨年10月23日からの北陸ツーリングは台風のため中止となった。

4月22日から再挑戦となったが、今回の旅は日程の関係で1泊とし、コースは新高岡から能登島まで走り和倉温泉で宿泊。北陸新幹線乗り鉄を楽しむ。

前回と違って天気は上々、初夏のような気温で暑かった。

出発早々道を間違えて30分ほど逆方向へ進み気が付いて引き返す。

富山湾の伏木港まで多少もたついたが雨晴(あまはらし)海岸から順調に走ることができた。

ひみ番屋街で簡単に昼食、あとは富山湾を見ながら七尾を目指した。国道160

の山越えで七尾市街に入る。途中和倉温泉駅を確かめてから能登島大橋まで

走り今夜の宿(湯の華)に到着。

夜遊び(スナック)が過ぎて多少二日酔い気味で寝坊した。

2日目は能登島に渡り島内を走ったあと10時の特急列車に間に合うように

駅へ戻る。大阪行きサンダーバード乗り鉄を楽しむ。

◆コースタイム

   4/22(日)・・・1日目

       新高岡9:30 →雨晴海岸10:35 →ひみ番屋街11:40 →阿尾城跡12:06 

      →佐々波漁港13:18 →和倉温泉駅15:30 →能登島大橋15:40 →湯の華

   4/23(月)・・・2日目

    湯の華7:50 →能登島8:30 →和倉温泉駅9:10

【走行距離】

   4/22(1日目):69.92km

   4/23(2日目):14.24km

【写真説明】

   上段左から  新高岡駅、雨晴海岸、ひみ番屋街、阿尾城跡、

   中段(上) 佐々波漁港、富山湾を背に、和倉温泉駅前、能登島大橋

   中断(下) 和倉温泉街、能登島観光地図、半浦漁港、能登島ロード

   下段左から    能登島大橋和倉温泉駅前、駅前にて、駅中にて

f:id:sksennin:20180430150305j:plain f:id:sksennin:20180430150553j:plain f:id:sksennin:20180430150743j:plain f:id:sksennin:20180430150841j:plain

f:id:sksennin:20180430151017j:plain f:id:sksennin:20180430152255j:plain f:id:sksennin:20180430151134j:plain f:id:sksennin:20180430151254j:plain

f:id:sksennin:20180430151415j:plain f:id:sksennin:20180430151508j:plain f:id:sksennin:20180430151603j:plain f:id:sksennin:20180430151750j:plain

f:id:sksennin:20180430151904j:plain f:id:sksennin:20180430151952j:plain f:id:sksennin:20180430152044j:plain f:id:sksennin:20180430152129j:plain

江の島へ初ツーリング!

f:id:sksennin:20180410145009j:plain

4月8日(日)天気は晴れ、風が少し冷たいが気持ちの良い朝だ。昨年6月に江の島へ向かう途中で転倒し思わぬ怪我をしたが、あれから10ヶ月が経過していた。大船からのルートは304号で国道134号の腰越へ出るのが一番近い。

戸塚大船間は柏尾川桜並木を走るが、今年は開花時期が早くて3月末に満開となっていたため葉桜の下を走る。

江の島は日曜日で天気も良かったので多くの人で賑わっていた。車が多く渋滞していたが自転車はスイスイと走れるので便利だ。

風が少し強いので海は少々荒れ気味であったが、腰越の浜では多くのサーファーが楽しんでいた。他にもバイク族が自慢の大型バイクでツーリングしていた。

湘南の海をゆっくり眺めた後、往路と同じ道を折り返し帰路についた。

【走行距離】39.17km

【写真説明】上段:江の島からの眺めとスナップ

      下段:柏尾川の桜並木(3月29日)

f:id:sksennin:20180410151544j:plain f:id:sksennin:20180410151630j:plain f:id:sksennin:20180410151740j:plain f:id:sksennin:20180410151922j:plain

f:id:sksennin:20180410144435j:plain f:id:sksennin:20180410152434j:plain f:id:sksennin:20180410152601j:plain f:id:sksennin:20180410153700j:plain

伊良湖岬から志摩パールロードを走る旅

f:id:sksennin:20180328035619j:plain

                      朝の鳥羽海(民宿の横にて)

今回のツーリングは志摩半島パールロードを走るのが目的であったが、過去に伊良湖岬で釣り旅をしたことがあり渥美半島のドライブ景色が良かったのでこちらから鳥羽へ渡るコースを計画した。

渥美半島は平坦地が多かったものの向い風が強くエネルギーの消耗は実距離より激しかったと思う。岬近くになると海岸沿いにサイクリングロードが整備されており楽しい走りとなった。

予定より1時間早く14時10分発の伊勢湾フェリーに乗船でき無事鳥羽に到着。あとは鳥羽港から安楽島町の宿に向かうだけである。夜は食事無しのため近くのコンビニで食料と酒・つまみを買い込む。

翌日も晴で天気も上々。予定通りルート128号パールロードシーサイドライン)に入る。初めから半島道路特有の上り下りの坂が多くて苦しい走りが予想された。

途中、鳥羽展望台にて休憩し後は約2時間走り出来るだけ早く鵜方駅にゴールするだけであったが思わぬところでトラブル発生。パールロード中間あたりで土砂崩れによる通行止め、場合によっては徒歩にて現地を超える方法もあると考え予定通り進む。何とか無事に通過できその後はスペイン村を横手に見ながら最後の走りとなった。ほぼ予定通りに近鉄鵜方駅に到着。

夕方は名古屋で大学時代の友人と2年半ぶりに再会、旧交を温めた。

◆コースタイム

 3/25(日)・・・1日目

 豊橋駅 8:30  →伊良湖岬灯台 13:40  →伊良湖港 14:00  →鳥羽港 15:05  →宿 16:00

 3/26(月)・・・2日目

 福寿(宿)8:00  →鳥羽展望台 10:00  →スペイン村11:40 →鵜方駅 12:15 

【走行距離】

            3/25(1日目)・・・54.12km

               3/26(2日目)・・・32.77km

【写真説明】

上段左より   豊橋駅前、表浜街道からの外海、渥美豊橋サイクリングロード、

      伊良湖岬灯台恋路ヶ浜

下段左より 宿横の海辺にて、鳥羽生浦湾、鳥羽展望台にて、パールロード

      スペイン村

f:id:sksennin:20180328040553j:plain f:id:sksennin:20180328040814j:plain f:id:sksennin:20180328040955j:plain f:id:sksennin:20180328041133j:plain f:id:sksennin:20180328041428j:plain

f:id:sksennin:20180328035743j:plain f:id:sksennin:20180328035850j:plain f:id:sksennin:20180328040000j:plain f:id:sksennin:20180328040207j:plain f:id:sksennin:20180328040305j:plain

春の金時山で遊ぶ!

f:id:sksennin:20180322084436j:plain

3月18日(日)の一番電車で小田原へ向かった。天気予報では箱根は晴れとなっていたので今年2回目の山登りは金時山に決めた。

今年の初登りは大山でお札を貰うのが目的でもあった。天気は晴れていたが強風のため寒く雲も多く荒れ模様で富士山は見えなかった。

この日の金時山も強風で雲が多く荒れ模様のため富士山ビューは叶わなかった。

頂上のいつもの場所(展望所)は風を遮るものがなく炊飯も不能であったため木陰中で

風を避ける休憩所があるので今回はそこで食事をとることにした。

上りで汗をかいた後なので寒い中でも缶ビールは美味かった、ウィスキーはホットにして楽しんだ。

3月半ばになり平地では春の花が増えているが山頂ではまだまだ冬景色が多く、春はまだ先のように感じた。

強風のため山頂の気温は0度、徐々に体温が下がってきたため記念写真を撮り早々に来たコースを下山した。

【コースタイム】

小田原駅(バス):6:05 →仙石バス停 6:50 →矢倉沢峠 7:50 →山頂 8:40

下山 10:15 →仙石バス停 11:30

【写真説明】

   上段左より 明神ヶ岳方面、大涌谷方面、金時山方面

   下段左より 山頂の風景、食事中の私、山頂でのスナップ

f:id:sksennin:20180322092841j:plain f:id:sksennin:20180324203549j:plain f:id:sksennin:20180324204025j:plain

 

f:id:sksennin:20180324204243j:plain f:id:sksennin:20180324204431j:plain f:id:sksennin:20180324204558j:plain

晩秋の西丹沢で富士山遠望

f:id:sksennin:20171130083516j:plain

11月27日(月)4回目の高松山ハイキング。前回まではマイカーで林道を走り往復2時間程度の歩きであったが、昨年自家用車を売却したので今回はJR御殿場線山北駅から歩くことになり往復5時間半かかった。

快晴でハイキング日和、これまでのルートと違って「ビリ堂」経由でゆっくり登り久々に丹沢に来た感じがした。所どころで黄葉の見どころがあり足を止めることになった。秋も終盤で確実に冬がそこまで来ていると思う。

今回のハイカーは私一人で、山頂では貸切で富士山ビューを楽しむことができた。誰にも遠慮することなく写真撮影・食事ができることは贅沢すぎるといえる。

山頂でゆっくり富士山ビューを楽しんだ後、登りと同じルートで帰路につく。

◆コースタイム

山北駅:6:30 →農道終点(登山口):7:48 →ビリ堂:8:53  →山頂到着:9:28

下山:10:45  →農道始点:12:40  →山北駅:13:30

【写真説明】

上段左から 山北駅前、足柄方面の峰、紅葉、山頂の様子

下段左から 富士山ビュー、富士をバックに、山頂にて、缶チューハイ

f:id:sksennin:20171130152453j:plain f:id:sksennin:20171130152603j:plain f:id:sksennin:20171130152721j:plain f:id:sksennin:20171130152812j:plain

 

f:id:sksennin:20171130152906j:plain f:id:sksennin:20171130152958j:plain f:id:sksennin:20171130153106j:plain f:id:sksennin:20171130153206j:plain