SK仙人のブログ

日々の感動を思いつくままにアップして参ります。

薫風のなか金時山から富士山ビュー!

f:id:sksennin:20210505070013j:plain

金時山山頂にて20210503

 

コロナ禍であるがゴールデンウイークの真っ最中(憲法記念日祝日)、外出

自粛が発令されているので人出はそれほど多くないだろうと考えて箱根へ

出かけた。

電車の混雑は無く始発のバスに乗り仙石バス停6時45分下車、登山開始は7時。

8時50分に山頂へ到着、山頂はすでに多くの登山客で賑わっており、マイカ

登山の人たちである。

山頂からの富士山ビューは素晴らしかったが既に雲が出始めていた。

写真を写し岩陰の場所で朝食(イワシ缶、おにぎり、ラーメン、ビール、

珈琲)芦ノ湖大涌谷、仙石原の緑が奇麗であった、加えて空気が澄み切

っていたので伊豆半島から太平洋、更に南アルプスまで見えたのよかった。

時間が経つに従い頂上は人が増え混雑してきたので10時半に下山開始。

山頂は三密で登山道は大渋滞、予想外の人出に少しうんざりしたが久々に

箱根の春を楽しむことができた。

【コースタイム】

 東戸塚5:01  ⇒小田原6:05 ⇒仙石6:45 ⇒登山口7:00 ⇒金時山頂8:50

   下山開始10:30 ⇒仙石11:50 ⇒JR小田原13:32 

【写真の説明】

 上段左から

  登山口、登山道からの金時山、明神ヶ岳方面、大涌谷

  下段左から

  道標、山頂の賑わい、朝食、伊豆半島と太平洋遠望

f:id:sksennin:20210505070436j:plain f:id:sksennin:20210505070705j:plain f:id:sksennin:20210505070556j:plain f:id:sksennin:20210505070841j:plain

 

f:id:sksennin:20210505070929j:plain f:id:sksennin:20210505071007j:plain f:id:sksennin:20210505071058j:plain f:id:sksennin:20210505071738j:plain

今年初の山旅・・・春の御坂山で富士山ビュー!

 

f:id:sksennin:20210421132707j:plain

御坂山(1,596m)から富士山ビュー 20210419

コロナ禍で今年は今回が初めての登山である。

河口湖方面で富士山の外輪山としては三ツ峠山、黒岳に続く三峰目となる

山旅です。

大人の休日を利用して割引切符を購入、JR新宿から富士山回遊3号に乗車。

JR東日本が富士急線へ乗り入れる特急で直通運転のため便利だ。

今回の山旅は富士急バスのハプニングと私の失敗があり、あわただしいもの

となった。

バスは天下茶屋まで行かず(理由:御坂みちが通行止め)三ツ峠登山口が

臨時終点で、天下茶屋まで歩いたが崩壊など通行止めの場所はなかった。

更に、自分の判断ミスで三ツ峠登山口からコースを間違え途中で気付き

引き返したが時間的ロスが発生。

それでも天気は上々の快晴で、素晴らしい富士山を独り占めで望むことが

でき楽しい山旅でした。

ひと言:御坂山の山頂は樹林で眺望は良くない。御坂峠方面に少し下ると

    鉄塔があり展望地といえる。

 

【コースタイム】

富士河口湖駅9:23着 バス9:50発 ⇒三ツ峠登山口10:15着(臨時終点)

 

天下茶屋11:00発・・・計画より40分遅れ

⇒御坂山山頂12:30着(休憩は写真撮影のみ、食事せず)⇒御坂峠13:20着

⇒三ツ峠入口14:05着(食事) ⇒バス14:43発 ⇒富士河口湖駅14:59着

 

【写真の説明】

上段左から 三ツ峠登山口、天下茶屋天下茶屋から富士山、御坂山登山口

下段左から 御坂山山頂、御坂山から富士山、御坂峠、三ツ峠入口バス停

f:id:sksennin:20210421142421j:plain f:id:sksennin:20210421141934j:plain f:id:sksennin:20210421141718j:plain f:id:sksennin:20210421142110j:plain

f:id:sksennin:20210421142307j:plain f:id:sksennin:20210421142552j:plain f:id:sksennin:20210421142734j:plain f:id:sksennin:20210422100343j:plain


 

2021年春爛漫、桜を楽しむ!

f:id:sksennin:20210413102130j:plain

2021.04.04 新桜ケ丘公園にて(八重桜が満開)

 

今年は桜の開花が例年よりも早くなるとの予報が出ていた。

年々開花時期が早くなっていくような気もするが、地球温暖化の影響かも

しれない。

この時期は朝晩の寒暖差が特に大きく、いわゆる花冷えの時期であり

三寒四温となるので体調管理が難しい。

 

今年の桜ではマンション管理の仕事で訪問した、横浜常磐公園ヒルズと

用賀中町での桜が見事であった。 

昨年は桜見ツーリングで柏尾川サイクリングロードを走り、その他にも

近所の公園などで桜を楽しんだことが思い出される。

桜の時期になると気持ちがうきうきして少し落ち着かなくなるのはどうして

だろうか?

昨年からの新型コロナ禍で関西仲間の会「DIMPLE会」では例年のような花見

は中止されており、2年連続の中止でまことに残念である。

 

下記の写真

上段は今年の桜見(世田谷区用賀谷沢川 左3、保土ヶ谷区新桜ケ丘公園 右2)

下段は昨年の柏尾川桜見 左2と2006年の花見(京都賀茂川にて)

f:id:sksennin:20210413105144j:plain f:id:sksennin:20210413105305j:plain f:id:sksennin:20210413110604j:plain f:id:sksennin:20210413105429j:plain f:id:sksennin:20210413110953j:plain

f:id:sksennin:20210413105555j:plain f:id:sksennin:20210413105806j:plain f:id:sksennin:20210413110241j:plain



 

晩秋の伊吹山登山

 

 

f:id:sksennin:20201107084837j:plain

伊吹山山頂の三角点 2020.11.04


「 go to travel campain 」にあやかり、私も11月4日(水)から関西を旅する

ことにした。

大阪の友人(大学の同級生)がかねてから会いたいとのことで2月に予定して

いたが新型コロナの感染拡大で延期していたのだ。

「go to eat」だけでは非効率なので途中で滋賀県にある伊吹山(日本100名山)

へ登ることにした。今回の山旅はJR米原駅で新幹線から在来線乗り換えに失敗

近江長岡駅からのバスに乗れないというハプニングからが始まった。

おまけに天候も予報では午前中曇りで午後は晴れとのことであったが、大きく

外れて小雨が降り続け8合目あたりから雪に変わった・・・最悪。

山頂は5cm程の積雪と風も強く吹雪いており大荒れの天気なので休憩もできず

登頂記念写真だけ撮って早々に下山した。

山頂にある日本武尊像、弥勒菩薩は霧と吹雪のため見ることができなかった。

帰りのバスは15:36発があるが長浜行きのため往路で使った都タクシーを事前

に予約し来てもらった。

最終的に計画通り近江長浜から予定の電車に乗り、米原で新幹線へ乗り換えて

無事に新大阪駅に到着した。

 

【コースタイム】

8:33 JR米原駅(計画では8:04発の東海道上り電車に乗り換え、これは休日の

時刻表であり平日は8:03発のため新幹線からの乗り換えは時間が足りない)

~  8:42 JR近江長岡(タクシーにて)~ 9:00 伊吹山登山口~ 12:30 山頂

~  13:00 下山~ 14:55 食事休憩~ 15:05 一合目下山~ 15:30 登山口~

16:03 近江長岡~ 16:16 米原(こだま727号)~16:51 新大阪着

 

【写真説明】

上段左から  登山口、一合目、紅葉、避難小屋、七合目、山頂にて

下段左から 南弥勒菩薩、下界が見える、ナナカマド?、三合目、琵琶湖

f:id:sksennin:20201108100852j:plain f:id:sksennin:20201108101019j:plain f:id:sksennin:20201108101115j:plain f:id:sksennin:20201108101154j:plain f:id:sksennin:20201108101234j:plain f:id:sksennin:20201108101653j:plain

f:id:sksennin:20201108101259j:plain  f:id:sksennin:20201108101424j:plain f:id:sksennin:20201108101447j:plain f:id:sksennin:20201108101514j:plain f:id:sksennin:20201108101537j:plain





 

 

 

 

久々に秋の明神ヶ岳で遊ぶ!

f:id:sksennin:20201101125530j:plain

明神ヶ岳へ向かう登山道からの富士山遠望20201029

 

コロナ禍の影響で今年は登山も自粛していたので、今年3回目の山旅である。

箱根は近年よく遊ぶエリアとなっており、富士山の外輪山として富士山遠望が

できる。

久しぶりの秋晴れで前日から楽しみにしていた。

10月末の秋真っただ中であったが、箱根の紅葉はまだまだ先の状態で少々残念

に思う。

気温が季節外れに高く感じるほどで、下山時には冬眠前の巳さんに3度も好か

れびっくりしたものの、縁起を担いで宝くじを買った。

 

【コースタイム】

宮城野営業所前バス停6:40~ 登山口7:00~ 明星ヶ岳への分岐8:30~ 

山頂9:30~ 昼食下山11:30~ バス停13:10

 

 【写真説明】

上段左から 宮城野の水槽、箱根山方面、分岐の道標、神山、すすき野

下段左から 山頂でのスナップ2枚、大涌谷方面、山の花3枚  

f:id:sksennin:20201101135114j:plain f:id:sksennin:20201101134939j:plain f:id:sksennin:20201101135209j:plain f:id:sksennin:20201101135353j:plain f:id:sksennin:20201101140431j:plain

f:id:sksennin:20201101140743j:plain    f:id:sksennin:20201101140716j:plain   f:id:sksennin:20201101140653j:plain f:id:sksennin:20201101141447j:plain f:id:sksennin:20201101141418j:plain f:id:sksennin:20201101141354j:plain

2020年初登り 大山で遊ぶ!

 

f:id:sksennin:20200206114256j:plain大山山頂電波塔から富士山遠望20200201

 

昨年初登り(120日)の金時山では雪のため寒く危険な思いをしたので、今年は少し様子を見ていた。そんな中でようやく天気が安定し暖かい日もあったので2月1日(土)に初登りを決めた。

これまで大山阿夫利神社では新年のお札を求めることが多くあったので、今年の初登りは大山に決めた、今回の登山で定年後43回目となる。

登り始めから気温が上がり、途中で冬装備から春装備へ。暑いのは脱げばよいからと別の登山者も薄着に替えていた。

最も楽しみである山頂で食事の際にガソリンストーブが途中で故障(ポンプレーバーが不具合)したためカップ麺を食すことできなかったのは残念。

それでも富士山ビューはバッチリ叶い、2020年の楽しい初登りであった。

 

【コースタイム】

ヤビツ峠8:30 ~ 大山山頂10:30 ~ 昼食下山11:30 ~ 下社12:45 ~

ケーブル13:00 ~バス停13:22 ~ 小田急伊勢原駅13:49

 

【写真説明】

上段左から   ヤビツ峠近くの登山道、相模湾、富士遠望、上社、展望所

下段左から  南アルプス、電波塔、下社、ケーブル(8月)、自画像

 

f:id:sksennin:20200206141346j:plain f:id:sksennin:20200206141427j:plain f:id:sksennin:20200206141523j:plain f:id:sksennin:20200206141616j:plain f:id:sksennin:20200206141707j:plain

f:id:sksennin:20200206141548j:plain f:id:sksennin:20200206141742j:plain f:id:sksennin:20200206141759j:plain f:id:sksennin:20200206141917j:plain f:id:sksennin:20200206142728j:plain

 

初冬の富士見、高松山で遊ぶ

f:id:sksennin:20191226093544j:plain

2019.11.29箱根方面の天気は晴れの予報、恒例の富士山ビュー計画を実行。

今回の山行対象は西丹沢の高松山だ。

富士見では比較的楽なコースということで以前からJR山北駅御殿場線

近辺の大野山と共に気に入っている山である。

イカー登山ではいろいろ楽しい思い出もあるが、車を売却してからは電車・

バスでの山旅となり別の楽しみ方に変わった。

年賀状の写真撮りが目的の一つであったので、登り始めの高台では朝日に染

まる富士の勇姿を見ることができ幸先が良かった。

登山道は木々で見晴らしがきかない中を黙々と歩き続け、やっと着いた頂上

では富士山の周りにもくもくと雲が湧いていた。

今日は急ぐ予定もないので頂上でゆっくり雲が切れるのを待つことにした。

本日の登山者は私を含めて5人で、うち一人の方は気さくな人で御殿場線裾野

から来られたという。富士山がよく見えるということで裾野へ転居したらしく

富士山をこよなく愛しているのだろう。

待つこと3時間半、やっと雲が切れはじめ何とか勇姿を撮ることができた。

【コースタイム】

 JR東山北駅着 6:24 ⇒ 高台 7:25 ⇒ ビリ堂 8:49 ⇒ 山頂 9:24

        下山開始 13:11 ⇒ 東山北駅着 14:25

【写真説明】

 上段左から 道標、ビリ堂、山頂、相模湾方面

 下段左から 金時山、明神ヶ岳方面、富士をバックに、山頂での食事

f:id:sksennin:20191226092857j:plain f:id:sksennin:20191226092708j:plain f:id:sksennin:20191226093159j:plain f:id:sksennin:20191226093242j:plain

f:id:sksennin:20191226093105j:plain f:id:sksennin:20191226093018j:plain f:id:sksennin:20191226092820j:plain f:id:sksennin:20191226092628j:plain